PROFILE

沿革

幼少の頃、元海軍中尉の祖父から〇〇〇を見ておくように言われ興味が湧き、1985年に社会に出て以来ずっと、世界はいったいどうなっているのか自分なりに調べていました。

2016年の春から夏にかけて、「米国とは何か」が判明し、ついにキャッチアップできました。トランプ氏当選で確信に至り、以来、世界の動静をニュースから読み取り、論理的な帰結を見通す作業を繰り返しています。トランプ氏も小池女史も、立候補時点で当選を確信しました。その他にもいくつか見通しのとおりとなりました。

歴史的な大変動が起きています。その行く末を読み解き、明日の日本を創ることに微力ながら貢献できれば幸いです。そして、世界でこの時期に何が起きたのか、どうやって歩んだのかを克明に記録しておき、後で為政者の意図に沿って?歴史の本を書きます。

誤字脱字から始まって、考え違いもあろうかと思います。暖かい気持ちでご指摘賜りますれば、成長の糧とさせていただきたく存じます。

じゃあ、どうするか

これから起きる事態にあって、チャンスを活かし、ピンチを切り抜けるためには先読みが欠かせません。大胆に予測します。次の時代に必要な、①衣食住、②時代精神、③技術の進展、④社会構造の再構築、⑤一族の繁栄、に寄与したいと思います。ここに公開するのは、志高い皆様と共に邁進したいからです。どうか力添えをお願いいたします。

私の先生方

書籍を通じて勉強させていただきました。私が若いころから順に、

筒井康隆氏、落合信彦氏、小室直樹氏、堺屋太一氏、ベンジャミン古歩道氏、藤巻健史氏、原田武夫氏、副島隆彦氏、田中宇氏、落合莞爾氏、渡辺惣樹氏、井口和基氏、許平和氏(nc-kyo)ほかの皆さまです。とりわけ、原田武夫氏には、核心に近い情報を多数ご提供いただき、背骨が通ったように思います。勝手ながらこの場で皆様に御礼申し上げます。

努力の果てに水準以上の境地にたどり着かれた皆様の著作には、全てを鵜呑みにはできませんが、参考にすべき点が多々ありました。内容もアングルも様々に。情報選択もセンスですが、正解だけを待つ姿勢ではなく、まず一旦受け入れることによって「取捨選択」となります。私の情報もどうぞ末席に据えてください。